ニュースリリース (2017年度)

「ビフィズス菌M-63」の摂取による精神状態の改善効果
〜日本農芸化学会2017年度大会発表内容の報告〜

2017年4月12日

 森永乳業は、マレーシアのマレーシアサインズ大学とビフィズス菌に関する共同研究を進めています。
 2014年12月にマレーシア クランタン州を中心に大きな洪水災害が発生しましたが、当社の「ビフィズス菌M-63」の摂取による洪水災害後の被災者への精神状態改善効果が確認されました。これらの研究成果を、3月に京都で開催された日本農芸化学会2017年度大会にて発表いたしました。 また、マレーシア衛生省からマレーシアサインズ大学の研究チームに、マレーシア医薬品協会(PhAMA)イノベーション研究大賞が授与されました。この受賞ついては、4月12日にマレーシアにて、プレス発表会が実施されます。
 

<研究の背景と目的>
 森永乳業では、腸内フローラをバランスよく保つためには、ビフィズス菌に代表される善玉菌など腸によい働きをしてくれるプロバイオティクスなどの食品を摂ることが有効であることを長年研究しており、整腸作用などが期待される「ビフィズス菌BB536」、低出生体重児への作用が認められる「ビフィズス菌M-16V」など、独自のビフィズス菌研究を進めてまいりました。

<研究の内容>
対象者:2014年12月に洪水災害が発生したマレーシアのクランタン州在住の成人 31人
内容:試験は2015年9月〜12月にかけて、洪水災害後に腹部異常(機能性胃腸症や過敏性腸症候群など)を有する被災者11名に、「ビフィズス菌M-63」粉末(25億個/包)を1日1包、3ヶ月間摂取していただきました(摂取群)。また、ビフィズス菌を摂取しない同じく腹部異常を有する被災者20名を対照群としました(非摂取群)。上記の介入前後に、「SF-36」*1というアンケートを用いて被災者の精神状態をはじめとする健康状態を評価しました。また、被験者から便を提供いただき、次世代シーケンサー*2にて腸内細菌叢を網羅的に解析し、腹部異常を有する被災者の精神状態改善作用について調査しました。

<結果の概要>
 介入前後の変動値を比較した結果、精神状態を示すスコアである精神的側面のサマリースコア*3が非摂取群と比較して「ビフィズス菌M-63」摂取群で有意に改善されました (図1)。
 介入後の精神的側面のサマリースコアも同様に比較した結果、非摂取群と比較して「ビフィズス菌M-63」摂取群ではスコアが有意に高く、精神状態が改善されていることが示唆されました(図2)。また介入後の腸内細菌叢を比較した結果、Firmicutes(ファーミキューテス門)/Bacteroidetes(バクテロイデーテス門)比率*4が有意に低下していることが分かりました (図3)。

 さらに、介入後の精神的側面のサマリースコアとFirmicutes/Bacteroidetes比率に有意な負の相関が認められたため、「ビフィズス菌M-63」摂取による精神状態の改善効果と、その改善には腸内細菌が関与している可能性が考えられます。

図1,2,3  
 <まとめ>
 洪水災害に起因する腹部症状を有する被災者に対する「ビフィズス菌M-63」の摂取は精神状態を改善し、その改善には腸内細菌が関与している可能性があることがわかりました。森永乳業では、本研究で得られた知見を活かして、ビフィズス菌研究健康に関係する研究を更に進めてまいります。
 
詳細はこちら 

以上

ニュースリリース一覧に戻る

ページトップ